糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】

血糖値を下げるタイプ

医薬品

使い方を知っておく

糖尿病の診断の時には血糖値のチェックがされます。この値が異常値を示すと治療が必要な状態になります。すべての人が薬を必要とするわけではなく、軽い症状であれば食事療法や運動療法のみで改善を目指します。一旦異常値になるとそれだけ体には負担がかかっているので合併症を発症するリスクはあります。でも早めに正常値に戻しておけば、そのリスクを下げやすくなります。食事療法などだけでの治療が難しい時には、薬を使った方法も行われます。糖尿病の治療薬にはいくつかありますが、血糖値を下げるタイプの服用が必要な時があります。体にとっては血糖値が激しく上下するのが問題になります。糖尿病になると食事の後に血糖値が急激に上がったりするので、それによって血管などを傷つけやすくなるときがあります。治療薬を利用すると、急激な上昇を抑えることができるので、血管に対する影響は減らせます。この時に注意したいのが糖尿病の治療薬の定期的な服用かもしれません。糖尿病になっていると言われると、医師が処方箋を書いてくれて治療薬を服用します。血糖値を下げるタイプだと当然ながら血糖値を下げてくれますが、正常時に飲むと血糖値が下がりすぎる時があります。これは決して良い状態とは言えません。低血糖の状態になり、ふらふらするときもあります。食事を抜いたりいつもよりも体を動かした後、普通に薬を飲んでしまうと低血糖になる可能性があります。服用時の注意を確認しておくと良いでしょう。

Copyright© 2018 糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】 All Rights Reserved.