糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】

症状があればすぐに治療

車椅子

早くに開始する

脳梗塞での特有な症状はなく、脳出血との区別は困難な事が多いようです。両方にあらわれる事として、意識障害、半身まひ、言語障害、頭痛、嘔吐、視野障害などがあげられます。どの症状も軽いものから重度のものまで様々です。脳梗塞には大きく分けて三種類に分けられます。ラクナ梗塞は、細い動脈が硬化をおこし血管が細くなり詰まるものです。血栓性梗塞は、太い動脈の内側にコレステロールが沈着して血管が狭くなることで発症する梗塞です。心原性脳塞栓症は、心筋梗塞などで心臓にできた血栓が血流によって脳に運ばれ詰まる梗塞です。治療は、外科的なものと保存的なものがあります。脳梗塞は、血管が詰まったり狭くなったりする病気です。脳に血流が充分に行き渡らないと酸素と糖分が不足し脳にダメージを与えます。治療等がはじまり手足や言語などに障害が認められるとリハビリが必要になります。現在では、なるべく早くにリハビリを開始することが望ましいと言われています。脳梗塞のリハビリは、なるべく早く始める事が大事で日常生活の自立と社会復帰を目的とします。症状が安定したら速やかにリハビリを開始することで機能回復の妨げになる廃用症候群の発生も防止することになります。脳梗塞のリハビリは、急性期、回復期、維持期とリハビリを進めます。通常は、急性期、回復期を終了すると退院になります。社会復帰や生活の自立をめざすことは、大変な事と思いますが焦らずに続けることが重要です。

Copyright© 2018 糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】 All Rights Reserved.