糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】

胸の痛み以外の症状も

カウンセリング

生活習慣の改善が大切

がんと言えば日本人の死亡原因の上位にある病気として知られていますが、その他にも日頃から注意しなければならない病気はいくつもあります。そんな命に関わる病気の一つが心筋梗塞です。心筋梗塞とは心臓にある冠動脈と呼ばれる大事な血管が何らかの原因によって詰まってしまうことに起こる病気です。冠動脈は全身に血液を送り出す大事な役割を果たしている心臓に酸素や栄養を運んでいる重要な血管であり、この冠動脈が狭くなってしまうのが狭心症で完全に詰まってしまうのが心筋梗塞です。心筋梗塞は生活習慣の乱れによって引き起こされることが多く、運動不足を始めとして塩分や脂肪分の多い食事をしていると動脈硬化が起きてしまい、それによって発症すると考えられています。そのため、心筋梗塞を防ぐためには生活習慣を見直して改善することが大切です。また、心筋梗塞は早期に発見して治療を行なうことも大切です。心筋梗塞は胸の痛みばかりが注目されていますが、その初期症状としては違う箇所にも異常を感じることが少なくありません。特に注意したいのは左肩や左腕の違和感です。心筋梗塞になる前の狭心症の段階では左肩や左腕に違和感を感じることが多いため、この状態で放置しているとやがて心筋梗塞を発症してしまうことがあるのです。そのため、左肩や左腕に違和感を感じたら早めに病院に行くことが大切です。その他にも心臓に近い場所に異常を感じることが多く、人によっては胃の痛みを感じることもあるので注意が必要です。

Copyright© 2018 糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】 All Rights Reserved.