糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】

脳

諦めずに通う

脳梗塞は発症後すぐに治療を行えば、後遺症が残ることも少なくなります。また、治療後すぐにリハビリを開始することで、元通りに近い状態にすることも可能です。リハビリにはかなりの時間がかかりますが、諦めることなく行うことが大切です。

詳しく見る

カウンセリング

胸の痛み以外の症状も

がん以外で日本人の死亡原因の上位にある恐ろしい病気の一つが心筋梗塞です。心臓の冠動脈が狭くなってしまうと狭心症になり、更に症状が進むと心筋梗塞を発症してしまいます。その原因は生活習慣にあることが多く、予防には生活習慣の改善が大切です。また、初期症状としては左肩や左腕に違和感を感じることもあります。

詳しく見る

医薬品

血糖値を下げるタイプ

糖尿病の治療薬として知られるのが血糖値を下げるタイプです。食後などに服用すると、血糖値が急激に上がるのを抑えてくれます。しかし食事をしていないのに服用した利すると低血糖を招きます。飲み方に注意が必要です。

詳しく見る

車椅子

症状があればすぐに治療

脳梗塞などの症状が発症したら速やかに治療をすることが重要になります。リハビリも症状が安定したらすぐに開始することで機能の回復などもしやすくなると思います。大変な事が多いし家族の協力も必要です。焦らないですすめましょう。

詳しく見る

医者

心臓の病気予防について

心筋梗塞になると、血管が詰まるために心臓がストップしてしまいます。そのため私の危険が高い恐ろしい病気です。心筋梗塞を予防するためには、日ごろの運動や食生活がとても大事です。またストレスを発散させる努力もしましょう。

詳しく見る

生活習慣病について

医薬品

病態と対処方法

糖尿病は、血液中の糖分が増えて血糖値が高くなった状態が慢性化した状態である。糖尿病は慢性的に高血糖が続くため、血管に影響を及ぼして動脈硬化が進行していく。また他にも、手足のしびれや網膜症、糖尿病性腎症など様々な合併症を引き起こしかねない。糖尿病には一型と二型があり、一型糖尿病はインスリン注射が不可欠となる。一方、二型糖尿病は早期に対応すれば、内服薬での治療も可能な病気である。近年、糖尿病の治療薬は様々なものが開発されている。治療薬には主に、内服薬とインスリン注射とに分けられ、それぞれを病態に応じて使用して治療していく。内服薬にも様々な種類がある。「膵臓でのインスリンの分泌を促して血糖値を下げるもの」、「膵臓に作用するホルモンを増やすことで膵臓の働きを高めるもの」、「小腸での党の吸収を抑制するもの」、「肝臓・筋肉・脂肪組織に作用することで体内でのインスリンの働きを高めるもの」、肝臓から糖が作られるのを抑制するもの」、「腎臓からの糖の吸収を抑制するもの」、などである。それぞれ違った作用機序ながらも、血糖値の上昇を抑える効果がある。使用する薬の種類によって、副作用の種類も様々である。薬が効きすぎることによる低血糖、脱水などは重篤な状態につながりやすく、早期に対処が必要である。そのため、糖尿病の内服薬による治療を受ける際には、必ず糖尿病がどういう病気であるか、薬にはどんな副作用があるかといった知識を身に着けておくことが大切である。

Copyright© 2018 糖尿病の薬治療について知ろう【副作用の種類も様々】 All Rights Reserved.